2015年8月19日

メイクの大敵!夏に汗をかかないコツ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
81ca624c47f795d2f58694b902b3f116_s

夏になると、憂鬱な気分になる方も多いと思います。

その理由の多くは、日焼け、そして汗によるお化粧崩れではないでしょうか。特に顔にかく汗は、お化粧している方にとっては大敵。べたついたからと言って、ジャバジャバと洗う事もできません。今回は、猛暑を涼しげに乗り切る「顔に汗をかかないコツ」を3つご紹介します。

 

冷凍ドリンクボトルを活用しよう

顔に汗が出る理由は、首の後ろにある太い血管を流れる血液の温度が上昇することによるものです。その血管により近いところを冷やしてあげることが、顔から出る汗を少なくするコツになります。最近では、首に保冷剤などを巻きつけられる冷たいタオルなどがオシャレなデザインで販売されています。また、自宅であれば、タオルを冷蔵庫でマメに冷やして首に巻いておくと、顔の汗は引いてくれます。けれど、暑い中での外出では、すぐにタオルは温まってしまいますし、タオルを巻いた姿はやはりオシャレではありません。

 

そんな時には、コンビニやドラッグストアで気軽に購入できる冷凍ドリンクを利用しましょう。

 

冷凍ドリンクを首に当てておくだけで、上記と同じ効果が得られます。溶けてしまったドリンクは水分補給にもなり、飲み終わればゴミ箱へ捨てることもできますので、とても便利です。外出場所や時間によって必要な本数も異なりますが、コンビニなどのお店がある場所ならば冷凍ドリンクボトルは簡単に手に入りますので、予備を持っておく必要もなく、金額も手軽ですよね。

 

また、わきの下を冷やしても同様の効果が得られます。子どもが熱を出した時に、わきの下や足の付け根、首の後ろなどを冷やしますが、それと同じ原理ですね。

 

 

メイク前の朝のお手入れに、クールダウンを活用しよう

 

d600e5dc5c86438cc566bb8a1bbf4037_s

暑い時期にカレーなどの辛くて熱い料理を食べると、食後に涼しく感じることがありますよね。それと同じ原理を利用する方法として、朝のメイク前のお手入れにホットタオルを顔に当てると顔汗に効果的です。

 

意外に思われる方も多いかと思いますが、朝のお手入れにホットタオルを当てた後、お肌がクールダウンする時に毛穴が引き締まり、涼しく感じるのです。そのタイミングを見計らってメイクをすると、汗で流れてしまったりすることなく、いつものメイクが可能になります。ホットタオルを当てることで顔全体の血流もよくなり、顔色もよくなります。

 

アロマオイルを活用しよう

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

夏場のメイクは、外出したとたんに汗で崩れてしまったのではないかと不安になりますが、ホットタオルを当てることで通常通りにメイクした時よりもかなり汗を抑えられます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

暑さと関係なく汗をかく理由として、緊張やストレスが考えられます。緊張すると神経が過敏になり、そのために筋肉がこわばって汗が出てしまいます。汗が出ないようにしようと焦れば焦るほど、もっと汗が出てしまうケースも多いと思います。

 

こういう時は、アロマオイルを活用しましょう。アロマオイルにはリラックス効果が期待できます。例えば、ラベンダーのアロマオイルは自律神経のバランスを整える働きがあり、不安や心配を抱えた心を癒し、リラックスさせてくれる効果があります。他にも、イランイランは緊張をほぐしてくれますし、オレンジスイートは気分を明るくしたい時に効果的です。

 

緊張を感じている時や、不安を感じている時の外出時には、ハンカチやタオルなどにアロマオイルをしみ込ませておくのもいいかもしれませんね。

 

 

 

以上、知っているようで知らなかった「夏に汗をかかない」コツを3つご紹介しました。

夏場のメイクに不安がある方は、ぜひ一度お試しください。

血色のいい、ばっちりメイクが夏場でも楽しめるかもしれません。

follow us in feedly

ピックアップサイト

美容整形を検討するなら 美容整形の聖心美容クリニック
プチ整形で人気の二重手術が気になる方は >>二重整形
豊胸術が気になる方は >>豊胸術
体についた脂肪が気になる方は >>脂肪吸引
汗の量やわきがでお悩みの方は >>多汗症・わきが治療